妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療Q&A

妊娠中に歯科治療をしても大丈夫ですか?

歯科治療は可能です。
安定期とされる妊娠中期(5ヵ月〜7ヶ月)が望ましいです。この時期は、ほとんどの方が問題なく治療が受けられます。妊娠初期や、母体に負担がかかる後期は、緊急を要しない限り応急処置や口腔衛生指導にとどめます。
歯科治療を受ける前に、産婦人科の担当医に一度相談されることをお勧めします。

親知らずが痛みだしたのですが?

まず、歯科医院で診察を受けましょう 分娩後まで延期できるようであれば応急処置にとどめますが、抜歯が必要であれば安定期(4ヵ月末〜7ヶ月)に処置を行うべきです。できれば、妊娠前に歯科検診を受け、必要な処置はすませておきましょう。


麻酔は大丈夫ですか?

必要最小量の使用にとどめるのはもちろんですが、通常の歯科治療で使用する量は問題ありません。麻酔時の痛みを最小限にしてストレスを避けるようにしてもらいましょう。


治療で仰向けになると苦しいのですが?

妊娠末期には仰向けの姿勢を長く続けると、子宮が下大静脈を圧迫するため血圧が低下することがあります。身体を左に傾けることによって和らぎますが、治療の際は完全は水平位ではなく、座った姿勢で行ってもらいましょう。


妊娠したらおなかの赤ちゃんにカルシウムを取られて歯が弱くなるって本当ですか?

これは赤ちゃんのせいではなく、つわりなどによってお口のお手入れが行き届かなくなるからです。
妊娠すると、唾液の分泌が減少し、酸を中和する能力が低下してしまい、むし歯になりやすいのです。
むし歯・歯周病予防がとても大切ですね。


授乳中なのですが 薬は大丈夫ですか?

なるべく薬剤を投与しないことが望ましいのですが、抗生物質が母乳を介して新生児へ移行する量は微量なので、常用量で短期間なら問題ないと考えられています。もし可能であれば、服用中のみ一時的に粉ミルクなどの人工哺乳に変えるのもよいでしょう。


いつ歯磨きをしたらいいですか?

一番お口の中に細菌が多い朝起きた時がおすすめです。(風邪、インフルエンザ予防にもなります!)
起きたばかりのお口の中は、ウンチ10g分に相当する細菌(プラーク)でいっぱいです。
寝ている間に細菌が増えるため、最大限にプラークを取り除く目的で、夜寝る前も大切です。

◆歯磨きの目的は、歯や歯と歯肉の境目に存在するプラーク(細菌の塊。食べカスではありません)を取り除くことです。
◆歯磨き方法はかかりつけの歯科医院にてご相談下さい。

妊婦さんの方用に・・

「ママと赤ちゃんの体とお口の健康冊子」や「歯科医師からのアドバイスリーフレット」や「赤ちゃんとお口の育ち」や「プレママのお口のケア」等小冊子も、ご用意しております。

営業時間 10:00~13:00
15:00~20:00
(土曜日午後 15:00~18:00)
電話 0569-43-7077
休診日 日曜、祝日、不定休有り
所在地 〒479-0853
愛知県常滑市本郷町3-273
アクセス 名鉄常滑線 榎戸駅 から徒歩7分
アクセス詳細
PAGE TOP