妊娠中の歯科治療

ママとお子様のためのマタニティ歯科治療

歯が生えたら

歯が生え始めたころ(特に前歯)は、ガーゼなどで拭いてあげましょう。
その後、徐々に歯ブラシを使いましょう。

 

どうやってむし歯は出来るの??

歯の質

生えたての歯は2〜3年かけて完成するので、その間はむし歯になりやすい。

食べ物、特に甘い砂糖類はむし歯の大好物

むし歯菌

歯についているネバネバはプラークというむし歯菌(細菌)の塊 プラークは、酸を出して歯の表面を溶かします。

▲以上の3つの条件がそろった状態で時間が経つとむし歯が出来るのです。

歯の質を強化するためには、 赤ちゃんのためにも、妊娠中からバランスの良い食事をとって歯の質を強化しましょう。
(タンパク質・カルシウム・リン・ビタミン類をとりましょう)
歯が生えたらフッ化物を利用するのも良い方法です。
(フッ化物入り歯磨剤、フッ化物スプレー)

むし歯菌は、産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはいません。ご家族は、歯科医院を受診して早めに虫歯治療をするとともに、正しいブラッシング方法を身につけましょう。

に対しては、 甘いものをダラダラ食べていませんか?(特に飴やキャラメルなど)
食生活習慣を身につけましょう。

マイナス1歳からの虫歯予防

具体的な方法はキシリトールが効果的

なぜなら、

  • お口の中の悪玉菌を善玉菌にかえてくれる
  • テレビを観ながら、買い物をしながら時間を気にせず、時間を使わずながら予防ができる
  • 砂糖と違ってダラダラ食べるのもOK!
  • 自分自身だけでなく、妊娠中から食べることでお子さんのむし歯も予防できる。
  • 2歳まで母(家族)から子供へのむし歯菌の感染を予防できれば、その後のむし歯予防も比較的楽になります。
治療にあたって

母子健康手帳をお持ち下さい。 妊娠中の歯の状態のページをチェックすることができ、歯科医院側もあなたの健康状態がよく分かります。

レントゲンや麻酔について

歯科治療ん使うレントゲンは、歯の部分だけを移すもの。お腹に直接あたることはありませし、撮影を行う時は、鉛のエプロンを首からかけレントゲンの被ばくを防ぎます。また、歯科治療に使う麻酔は、「局所麻酔」という方法で、使用する麻酔薬も通常使用料では比較的安全を言われています。

投薬

お腹の赤ちゃんに影響せず、妊娠中や授乳中でも安心して使用できる抗生物質、鎮痛剤があります。担当の先生と相談しながら服用すると良いでしょう。

必ず妊娠していることを伝えてから歯科を受診しましょう
何か気になることがありましたら、スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

妊婦さんの方用に・・

「ママと赤ちゃんの体とお口の健康冊子」や「歯科医師からのアドバイスリーフレット」や「赤ちゃんとお口の育ち」や「プレママのお口のケア」等小冊子も、ご用意しております。

営業時間 10:00~13:00
15:00~20:00
(土曜日午後 15:00~18:00)
電話 0569-43-7077
休診日 日曜、祝日、不定休有り
所在地 〒479-0853
愛知県常滑市本郷町3-273
アクセス 名鉄常滑線 榎戸駅 から徒歩7分
アクセス詳細
PAGE TOP