妊娠中の歯科治療

妊娠中の栄養と歯について

〇栄養の保持に努めよう


妊娠すると内分泌の変調やビタミン代謝の障害などにより、栄養障害が起きやすくなります。それによって、お口の中に障害が発生したり、胎児の歯の形成にも影響を及ぼす可能性もあるので、つねにバランスのよい食事を心がけましょう。

〇妊娠中不足しがちなビタミン類


妊娠中はビタミンA,B,C,Dが不足しがちです。とくにビタミンBの不足は歯周組織に悪影響与え、歯肉炎を悪化させてしまいます。必要以上に気にすることはありませんが、偏食は避けましょう。

〇妊娠初期は胎児のためにも

妊娠初期に胎児の歯の形成がはじまるので、栄養には十分に注意します。とくに、たんぱく質、リン、ビタミンA,Dなどが歯には大切ですので、肉、魚、卵、乳製品、緑黄色野菜などを、しっかり摂りましょう。

妊娠中不足しがちな栄養を補う食材

たんぱく質

胎児の細胞をつくる栄養素です。肉、魚、卵、乳製品、穀類に多く含まれます。

カルシウム

胎児の骨や歯などをつくる栄養素です。牛乳、乳製品、小魚類に多く含まれます。

鉄分

妊娠中は鉄分の不足により貧血になりがちです。レバー、卵黄、肉類、ほうれん草、大豆製品に多く含まれます。

ビタミン


ビタミンAは体の発育や抵抗力をつけ、ビタミンB1が不足すると手足のしびれや、むくみが起こりやすくなります。ビタミンEは流産の予防に欠かせません。これらのビタミンを含む食物は、レバー、青魚、緑黄色野菜、果物、豆類、バター、牛乳などです。

妊婦さんの方用に・・

「ママと赤ちゃんの体とお口の健康冊子」や「歯科医師からのアドバイスリーフレット」や「赤ちゃんとお口の育ち」や「プレママのお口のケア」等小冊子も、ご用意しております。

営業時間 10:00~13:00
15:00~20:00
(土曜日午後 15:00~18:00)
電話 0569-43-7077
休診日 日曜、祝日、不定休有り
所在地 〒479-0853
愛知県常滑市本郷町3-273
アクセス 名鉄常滑線 榎戸駅 から徒歩7分
アクセス詳細
PAGE TOP