歯医者さんの知恵袋

歯の根の膿は爆弾!?

~神経をとった歯は定期的に検査を受けましょう~

歯の根に膿がたまるというのは、歯に起こるトラブルとしては決して珍しくない症状のひとつで、歯科医院でも頻繁に治療が行われてい

歯の根に膿がたまるのはどんな時?

歯の根に膿がたまるケースで最も多いのは、神経をとった歯にバイ菌が入って、そのバイ菌が増え続け、歯の根の先端部分に膿だまりを作ってしまう、というものです。そのほかにも、例えば歯を強くぶつけた、むし歯が神経までいった、というようなことが原因で神経が死んでしまい、同様に歯の根の先に膿だまりを作ることがあります。

歯の根に膿がたまるとどんな症状が起こる?

歯の強い痛み、歯茎・顔の腫れ

歯の神経をとった歯は「神経がないからもう痛まないはず」と思われることがあります。ですが、歯の根に膿がたまると、非常に強い痛み、歯茎や顔の腫れなどを引き起こすことがあります。

全く無症状のことも

でも、このような強い症状は必ず出るとは限らず、膿がたまっていても、全く無症状のことも珍しくありません。ただし、いつ痛みが起こってもおかしくないので、「歯に爆弾を抱えているようなもの」だとも言えます。

膿が周囲に広がってしまうことも

歯の根に膿が溜まった状態を放置すると、周囲に感染が広がって重い感染症となり、入院しなければならなくなったり、命に関わることもあります。歯の神経がなくなると、以上のようなことが起こってきます。

歯の根の膿は早期発見・早期治療が大事

歯の根に膿がたまっても、すぐに症状が出ないことが多く、大きな膿だまりができていても全く気づかない場合もあります。歯の根の膿は早期発見・早期治療が大事ですので、定期的に検診を受けるようにしましょう。

関連記事

PAGE TOP