キッズ矯正

キッズ矯正って?

矯正に興味ある…でも…痛みをともなったり、お金のかかる歯の矯正は..
そこで、あごの成長とともにきれいな歯ならびに誘導する「キッズ矯正」をおすすめします。

「キッズ矯正」は成長期だからこそ効果的な“歯列を広げる”矯正法です。
“歯列を広げる”ことで大きな永久歯が入るスペースを、短期間で作ることが出来ます。
子供の早い成長を生かし、早く結果を出し将来、大変な矯正治療をしなくてすむようになるのです。

  • 「バネがかけられない。気持ち悪くて歯型がとれない。」
    「子供さん・親御さんの協力が得られない。」
    といった場合、治療ができない・進まないこともあります。
  • 歯型がとれない方用に、別途マウスピース方式の矯正装置も用意しております。
    また、トレーニング用の小冊子も用意しております。


キッズ矯正の
特性について
キッズ矯正と抜歯矯正とのちがい

キッズ矯正では、基本的に永久歯は抜かずに歯列を広げて歯を並べます。

現在主流になっている矯正治療では、歯を抜いてスペースを作りますが、キッズ矯正では上の写真のように、微調整できるネジで歯列を広げて、歯を正しい位置に移動します。

使用方法

キッズ矯正で使用する装置はカンタンに取りはずすことが出来ます。

これは、キッズ矯正ならではの利点であり、食事や歯みがき・発音障害を生じる場合(国語や英語の授業など)は取り外します。装着時間が長いほど治療は早く終了しますが、1日14時間以上装着していれば治療は可能です。


症例と治療経過
について

歯を抜かなくても、歯列を広げて歯の入るスペースは作れます。
きちんと歯列を広げれば歯は、前方にも後方にも動きます。

これは、キッズ矯正ならではの利点であり、食事や歯みがき・発音障害を生じる場合(国語や英語の授業など)は取り外します。装着時間が長いほど治療は早く終了しますが、1日14時間以上装着していれば治療は可能です。

症例1.
下あごのスペース不足


開始時期について

治療開始は早ければ早いほど良いでしょう。

あごの未発達により歯が収まりきれず、歯が重なっていると、将来虫歯や歯周病にかかりやすくなります。“歯列を広げる”ことで歯が生えるスペースを作り、きれな歯ならびにすることが出来ます。

▲このままにしておくと、治療が複雑になってしまいます。早期に治療を開始すれば、
装置の数もすくなくすみ、治療も短期間で終了します。経済的な負担も軽くなります。

精密検査で歯型がとれる年齢が最適期です。おおよそ4〜9才までが最適期です。
下の前歯のスペースが不足していると気づいた時がスタートの最適期です。
習い事をするように気楽に始めましょう。

▲この症例は、9才時におかしいなと思いながら放置していたら、2年後に生えてきた犬歯が入りきらず、
治療期間や治療費、何より患者さんの負担が大幅に増してしまいました。


治療費について

当院では、なるべく費用をかけず一番早く治る最善の方法で治療しています。

期間、金額は個人差や患者さんの努力次第で変わります。

項目 概要 費用
相談費 実際に患者さんの歯並びを見たあと、大体の状況を説明、適切な治療開始時期をお話しいたします。詳細は検査・診断終了後に説明させていただきます。 無料
精密検査費 5,000円
(税抜)
診断費 診断のために精密検査を行い、各種資料を作成します。
当院独自の分析から、最適な治療方法を総合的に診断します。
検査から約2〜4週間後に結果が出ます。この時点で、患者さんに最適な治療方法・期間・費用がわかります。
診断時には明細を書類でお渡しします。
30,000円
(税抜)
治療費 治療期間は、ケース毎に異なりますが、1つの装置を5〜6ヶ月間使用します。
※歯列不正の度合いにより、必要な装置の数が決まります。
※紛失した場合は、右記の金額が必要です。
※装置は治療をお預かりした時点で作成となります。
キッズ矯正
基本料金

1個70,000円
(税抜)
処置費 成長の経過を観察し、きれいな歯並びを安定させるためには重要です。1〜2ヶ月に1度の来院。 3,000円~
5,000円前後
(税抜)
手おくれになる前に…
痛くなくカンタンに出来る矯正をしたい方に

気づいた時が開始最適時です。
まずは、お気軽にお問い合わせ下さい


PAGE TOP