インプラント治療

インプラント(人工歯根)治療

インプラント治療に興味をお持ちの患者様に改めて、インプラント治療の特性と治療上のご注意をお伝えいたします。
ご質問などは、なんなりと当院のスタッフにお聞きください。
①インプラント治療とは


インプラント治療は、歯を失った部位に人工の歯根(しこん)を外科手術により埋め込んで、顎(あご)の骨に固着した後、人口の歯冠を上から装着する治療法です。
 インプラントは永久的なものではありませんが、日々の清掃(歯磨き)と定期的な検診を継続することで長期的に良好な予後が期待できます。

②インプラントの歴史


その起源は、古代エジプト文明にあります。実際に機能したと考えられる最古のインプラントは、貝殻を使った7世紀頃のマヤ族のもの。新しいと思われているインプラントには、実は長い歴史があるのです。
 現代の歯科インプラントの基礎は、約100年ほど前に、西洋の歯科医が歯の抜けた穴に入れたネジ式のインプラントに始まります。
 インプラントの材料として現在、主流になっているのはチタンです。チタンは、1952年にスウェーデンのブローネマルク教授によって骨と接合することが発見され、その後さらに研究が進み、チタンによるオッセオインテグレーテッド(骨に接合した)・インプラントの科学的根拠に基づく確実性も立証されインプラント治療を大きく飛躍させました。 人間の体はチタンを味方だと認識する性質を持っているのです。

③最新のインプラント

 現代のインプラントはさらに進化しています。
 HAコーティングインプラントは、インプラント体の歯根部(骨に埋める部分)に、骨との結合性がより高い“HA(ハイドロキシアパタイト)”をコーティングして、チタンだけのインプラントに比べて飛躍的に癒着までの期間を短縮することができました。しかし、初期のHAインプラントには、溶解や剥離といった信頼性への批判も存在していました。
 その後の研究で、こうした問題はHAの純度が低かったために起こることが判明し、その問題を解決するため、HAの結晶度が高い再結晶化HAコーティングが登場しました。再結晶化HAコーティングこそ、時代の最先端のインプラント材料なのです。再結晶化HAインプラントは、チタンによるオッセイオインテグレーションを超えて、骨が自ら結合しようとするバイオインテグレーションを実現しました。
 また、支台部(歯肉にあたる部分)に施された“水熱処理”により、インプラントは歯根との結合性のみならず、歯肉との親和性も大きく高まり、また、感染の危険性も最小限にしました。
 審美性にも優れた現在のインプラントは、歯根・歯肉ともしっかり結合するようになり、インプラントの最終形ともいえる理想的な形となったのです。

④1ピースの時代

近年、インプラント体の形状の流れも変わってきました。
 インプラント体が骨と癒着するまでに、多くの時間がかかっていた時代は、ものを食べる度に、埋めたインプラントに過度に負担がかかることを避けるため、2ピースのものが多く使われていました。しかし、オペが複数回にわたって行われ時間も費用もかかる2ピースに代わり、最近は1ピースインプラントがファーストチョイスになりつつあります。
 1ピースの特徴は、まずシンプルであること。それは、2ピースに比べて手術が簡単で失敗がほとんどなく、手術の回数もわずか1回で済むことです。手術の時間も短く、補綴作業も2ピースタイプより単純で、患者さまの時間的ストレスや費用の負担を軽減することができるのです。
 こうした理由から、1ピースタイプのインプラントは広く普及し、今や主流になるまでにいたっています。

⑤インプラントの特徴
長所

●自分の歯に近い感覚で噛むことができる
●噛む力、味覚が低下しない
●周囲の健全な歯を傷付けない
●審美性(外見)も良好

短所

●手術(抜歯と同程度)が必要
●ケースによっては治療ができない場合もある
・全身疾患(重度の糖尿病など)
・インプラントを埋め込む場所(顎)の骨が極端に少ない
など

⑥インプラント治療の基本的な流れ

インプラント治療は以下の手順で行います。(期間は症例によって異なります)

⑦インプラント治療の注意事項
■植立手術を受ける前■

①風邪などで体調が優れない時には、ご自身で判断せず、はやめに施術する歯科医院に連絡してください。
②手術の前日には疲労をためないよう、充分な休息をとってください。
③インプラント手術当日は、朝から普通に食事をされて結構です。

■手術を受けて1~10日まで■

①安静と食事
術後はインプラントを顎の骨にしっかりと固着させるため、インプラントになるべく外力をかけにようにしなければなりません。そのため術後3日までは、できればお粥など、特に柔らかい物を食べるようにし、インプラントを植立した部位では、絶対に噛まないようにしてください。術後3~4日までは腫れる場合がありますが、4~5日には消退するケースがほとんどです。腫れが気になる場合は、ぬれタオルなどで冷やしてください。その際にインプラントを入れた部位を強く押さないようにしてください。

②服薬
術後、鎮痛剤(痛み止め)と抗生物質(化膿止め)、胃薬などを処方します。服用にあたっては用法を遵守してください。鎮痛剤は服用間隔を3時間以上あけてください。
また、うがい薬も処方されますので毎食後と寝る前にうがいをしてください。術後1~2日は唾液に血液が混じることがありますが、術創部を安静にするため、あまり強いうがいをしないでください。

③入浴
インプラント植立手術当日の入浴は控えてください。

④アルコール
手術当日のビール、酒などアルコールの摂取は控えてください。

⑤抜糸
手術部の抜糸を7~10日で行います。抜糸まではインプラント植立部位のブラッシングはしないでください。
また引き続き、インプラントを植立した部位には過度の咬合力をかけないようにしてください。

■植立後1ヶ月間■

インプラント植立後、1ヶ月がもっとも大切な時期です。引き続き、食事は柔らかいものを取るように努めインプラントを植立した部位ではなるべく噛まないようにし、舌や指でインプラント体を押さないようにしてください

■上部構造(人工歯冠)装着■

上部構造(人工歯冠)装着は、インプラント植立後1~2ヶ月後、インプラントが骨と結合したと判断された時点で、歯型(印象)をとり装着します。

■治療後の定期検診(リコール)■

インプラントはアフターケアが非常に重要です。必ずリコールに応じてください。上部構造(人工の歯冠)装着後、原則として一週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に再診のために来院していただきます。その後も施術した歯科医院の規定に従い、定期健診を受けていただきます。

■清掃(プラークコントロール)■

インプラントは上部構造(人口歯冠)装着後、プラーク(歯垢)が付着しやすい状態になっています。したがってアフターケアの基本として、プラークコントロール(歯磨)が重要です。患者様の状況に応じて、通常の歯ブラシによるブラッシング以外にも、インターデンタルブラシ、デンタルフロスなどの使用方法もご指導します。

⑧インプラント治療で問題が起こった場合

①インプラント手術当日
 インプラント植立の際に、術前に検査したにもかかわらず植立部位の骨が足りないこともあります。場合によっては手術を中止することもあります。その際には後日、骨を増やす手術を行って、インプラント手術を患者さまとご相談のうえ、行うこともできます。

②インプラント手術後2ヶ月前後
インプラント植立後2ヶ月を過ぎてもインプラントがぐらぐら揺れている場合、人工の歯冠(被せ物)装着を延期して様子を見る場合があります。場合によっては再度インプラント植立手術をする場合もあります。

③インプラント治療終了後(人工歯冠装着後)
インプラントに装着した人口の歯冠が取れたり、破損する場合もありますのでその際にはすぐに来院してください。
また、インプラント治療を行った人工の歯冠以外の歯の冠が取れたり歯がぐらぐらしてきた等が起きた場合も、すぐに来院してください。これは、別な歯がなくなるなどで、お口の中の噛みあわせの状態が狂い、インプラントに過度な負担がかかることを避けるためです。


以上、施術をした担当歯科医師の指示に従い、安心・安全なインプラント治療を受けられ、長期にわたり良好な咬合を維持することで、健康で良好かつ快適な生活をお送りいただくことを祈念しております。


※当院では口腔外科専門医と連携して、インプラントの施術を実施しております。
つきましては、(1)術前診断に1日と、(2)手術日に1日の計2日は、口腔外科専門医の診療所へ、通院していただくシステムを、とることがありますので、ご了解頂きます様お願い申し上げます。

PAGE TOP